Top >  マネーパートナーズ

マネーパートナーズ

「スプレッドが狭い上でのデメリットとは?」という質問に、皆さんは答えられるでしょうか?「えっ?スプレッドが狭いことにデメリットなんてあるの?メリットだけのような気が…」と思ってしまいますよね。しかし、「スプレッドの狭さ」にもデメリットが存在しているのです。

それが「約定力」です。何回クリックしても狙ったタイミングで約定しない「スリッペ」という現象は、まさに利用者をイライラさせるものです。

また、「ここだ!」と思った瞬間に約定せず、「価格がすべった時に約定してしまった…」ということもよくあります。これらの現象は、じつはスプレッドが狭い時によく起こる現象なのです。

つまり、「約定力」と「スプレッドの狭さ」は反比例するものであり、「どちらを優先させるべきか…?」に悩む人も多いんですね。

「マネーパートナーズ」と言えば、FXをやらない人でも名前くらいは知っているほどの一流企業です。「マネーパートナーズ」のスプレッドを見てみると、「米ドル/日本円」で「1.9pips」となっています。

これでも十分に「狭さの合格点」を与えられると思うのですが、最近ではもっと狭いスプレッドを実現させている業者もたくさんあるため、「すごく狭いね!」とは言いにくい数字です。

ところが、その感覚を根底から打ち破るだけの「約定力」が、マネーパートナーズにはあるのです。「スリッペなし!即約定!」こそ、マネーパートナーズの「強み」なんですよ。

もしあなたが「スリッペ」にイライラしているなら、多少のスプレッドを我慢してもマネーパートナーズをオススメします。サクサク取引できること間違いなしですよ!