Top >  FXブロードネット

FXブロードネット

FXのスプレッドには、「固定スプレッド」と「変動スプレッド」があります。どちらにも「メリット」と「デメリット」があるのですが、たとえば、指標発表時の注文が込み合う時、変動スプレッドなら通常よりも広くなってしまいます。

したがって、このタイミングを狙って取引する人は、固定スプレッドの方がお得ですね。

しかし、注文がそれほど込み合わないタイミングに取引することが多い場合は、むしろ「変動スプレッド」の方がお得であるケースが多いのです。というのも、変動スプレッドの場合、「広くなる」というデメリットを持ちながらも、「普段は非常に狭い」というメリットも持っているんですね。

「FXブロードネット」の場合、通常時のスプレッドは「0.5銭〜」となっています。数あるFX業者の中でも、「極小スプレッド」と言えるでしょう。ためしに、色々な業者のスプレッドを比較しましたが、「0.5銭以下」になっているところはほとんどありませんでした。

さて、「スプレッドが狭い」は、確かに私たちにとってうれしいことなのですが、「クリックしても約定しない」という、「スリッペ現象」が多くなるデメリットもあります。

しかし、「FXブロードネット」は「スリッペが少ない業者」としても有名なんですよ。「スプレッドの狭さ」と「スリッペの多さ」は、普通なら反比例するため、「スプレッドが狭く、なおかつ、スリッペも少ない」というのはなかなか難しかったんですね。

ところが、それを可能にしたのが「FXブロードネット」であり、特にデイトレ派の方に支持されている業者と言えるでしょう。